選択カリキュラムがスタートします!

より専門性を高めるためのカリキュラム選択ができます。



☆ 農機・建機専攻 

 
 (2016年10月に実施いたしましたオープンキャンパスで体験試乗させていただいたランボルギーニ社製トラクター)
  「株式会社コーンズ・エージー様のご協賛!

農業機械や車両系建設機械に重点を置いたカリキュラムが特徴。

大型特殊車両の車両整備には、自動車整備士の国家資格が必要です。
しかし、これらを整備するためには一般的な自動車の知識だけでは不足します。

走行部分は自動車の構造を学んでいれば対応できますが、作業機械部分はPTO(パワーテイクオフ⇒動力取出)や油圧装置などが加わるため、その専門知識を必要とします。
本コースでは、二級自動車整備士としての基本の他に油圧装置や様々な作業機械の知識と技術の取得を目標とします。


農業用トラクターなどは、いまや乗用車を凌ぐ高機能装備。
コンピュータによる姿勢制御やGPSを利用したハンドリング指示や方向制御、SDメモリーを使用した作業記録による自動制御など驚くべき装備を備え、300馬力を超える高出力エンジンで、車両の前後にはPTOを装備し、様々なアタッチメントをつけて作業を行います。


車両系建設機械は、土木工事や建設工事には必須の機械。また、圧雪車など様々な用途向けの特殊車両が沢山あり、整備需要はつきません。この分野は、自動車とはまた一味違う、機械としての魅力がたっぷりで、職業としても業界やユーザーからとても期待されている有望分野です。